テレビ報道を受けて

昨日の朝、テレビで次亜塩素酸水や亜塩素酸水による噴霧を利用した空間除菌システムの有害性を唱える報道がされたことを受け、
心配された会員様より当店の空間除菌システムを控えた方が良いのではとのメールを頂戴いたしました。

早速、開発社に連絡を取り、対応について質問したところ以下の回答が来ました。
結論から申せば、まったく問題なく開発されているため、当店の空間除菌システムは
除菌力も身体への安全度においてもまったく問題ないとの結論に達しました。

以下は、開発社の担当者とのやり取りと安全に報道においてメーカー側が出した意見書を載せますので
ご心配な方はご確認ください。

中村社長、お世話になっております。
メーカーや製造元からの意見発表が今しがたきましたので、資料をお送りします。

製造元の検証においては、 DevirusACで噴霧している200ppmより濃い濃度の400ppmでも安全が実証されておりますので、 安心してお使い頂くことができる製品になっています。

この辺りの資料も掲示してよいかと思います。次亜塩素酸水自体、理論的にはコロナに効くはずです。
NITEからの修正発表が近日中に出るという報告も業界的には入ってきています。

ただ、次亜塩素酸水、亜塩素酸水と言っても一般ユーザーには違いが判らないとおもいますので丁寧な説明が必要かと思います。
そのため、そこから起因する問い合わせも最近増えてきているのが実情です。

次亜塩素酸水の今回の問題については、 以下の3点です。

  • 効果効能にわからない胡散臭い製造元が多いこと
  • 次亜塩素酸水で空間除菌ができる、と謳ってしまっているメーカーがいること
  • 消費者が①②などをうけて、知識が無いにも関わらずキッチンハイターなどを勝手噴霧したりして健康被害が出ていること ①に関してはNITEからの勧告通り、これから是正されていくと思います。

②は次亜塩素酸を噴霧するとその噴霧したところでしか除菌効果が出ず、空間を漂って空間除菌するということがそもそもできません。
そのため、亜塩素酸水を空間噴霧して空間を除菌する、ということに行きついて開発したものがDevirus ACとなっています。

③が本当に厄介ですね。 キッチンハイターしかり、 次亜塩素酸水しかりですが、 本来、しっかり薄めて使うのが目的にも関わらず、 心配だからといって、濃い目にしたり、ということでも問題が起きています。 本体、加湿器に除菌剤を入れて使うということ自体が、 どのメーカーも推奨しているものではないはずです。 DevirusACに関してはそのあたりの検証も行って出しているのでご安心下さい。 ご不明な点がございましたら、 お問い合わせ頂けますと幸いです。 宜しくお願い致します。

また、今回、遊離塩素(=残留塩素)が健康被害があるということで、 問題になっています。 この遊離塩素は次亜塩素酸の殺菌成分です。 亜塩素酸にも含まれますが、 DevirusACの一番下のタンクで超音波を当てると分解されます。 DevirusACの裏面のネジを外すと、 ステンレスのスカートが外れるのですが、 内部が2層式になっています。 上部がタンク、 下部がミスト発生装置です。 一番下のタンクはミスト発生装置で超音波が当たるため、透明に変色します。 クロラスの殺菌成分はクロラス酸と水溶化二酸化塩素とのサイクル反応です。 DevirusACでは少しでも塩素成分の残る残留塩素を超音波分解して、 健康に害のないクロラス酸で殺菌できます。効果は持続できるので間欠運転です。 コレが今の皆さんが心配している健康被害を発生せずにウイルスだけを除去するDevirusACとなります。

 ⇒テレビ報道に対する安全性の実証報告

関連記事

  1. 7月7日(火)レッスン代行のお知らせ

  2. 7月11日(土)12:00以降、臨時休講のお知らせ

  3. 再開まであと少しかな・・・

  4. 9月26日臨時休業のお知らせ

  5. 担当プロと一緒にラウンドできる

  6. 時短営業のお知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。